海中を漂う神秘のピンク 奄美大島沖でサンゴが一斉産卵

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
無数の粒が海中を淡いピンクに染めたサンゴの一斉産卵=鹿児島県大和村国直沖で2022年5月22日午後11時8分、興克樹さん提供
無数の粒が海中を淡いピンクに染めたサンゴの一斉産卵=鹿児島県大和村国直沖で2022年5月22日午後11時8分、興克樹さん提供

 鹿児島県・奄美大島の大和村沖合で、サンゴの一斉産卵が始まった。真っ暗な海中に無数の淡いピンクの粒が漂い、神秘的な光景をつくり出している。産卵のピークは6月で、9月ごろまで続くという。

 同県奄美市名瀬の自然写真家、興(おき)克樹さん(51)が20日から3日間、大和村国直(くになお)沖約500メートル、水深約5…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文389文字)

あわせて読みたい

ニュース特集