特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

知床観光船事故

識者に聞く/3 監査体制の見直しを 向殿政男・明大名誉教授 /北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
取材に応じる向殿政男・明大名誉教授
取材に応じる向殿政男・明大名誉教授

 人命を預かる事業者にとっては「安全第一」が金科玉条だ。海難事故を防ぐには、運航事業者による安全管理に加え、国の監査体制、船の安全システムのそれぞれをしっかりと機能させ、調和させることが必要だが、観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」の沈没事故を巡っては、どれも不足していた。

 運航会社の知床遊覧船は昨年も事故を起こしたのに、国土交通省に報告した改善策を守らず、安全管理規程違反の運航をしていた疑いがある。社長はトップとして、安全意識もコンプライアンス精神も欠けていたと言わざるを得ない。

 人間はミスを犯し、利益を求めて無理をすることもある。国は性悪説に基づき、日ごろの運航管理や改善策の確認を徹底すべきだった。監査の在り方は早急に見直す必要がある。

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文756文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集