全県市町村長会議 テレワークで移住者増提案 /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県内自治体の首長らが集まり、共通課題を話し合う「全県市町村長会議」が23日、和歌山市内で開かれた。代理や県幹部らを含め計約60人が出席し、コロナ禍や人口減少への対応などについて意見交換した。

 会議では県の吉村顕総務部長が「現在、約90万人の県人口が2040年には70万人前半まで減少すると推定されている」と報告。一方、コロナ禍でテレ…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

ニュース特集