健康づくり推進へ連携 九州初、大牟田市とカーブス /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
協定を結び握手をする(左から)大牟田市の関市長とカーブスジャパンの斎藤常務
協定を結び握手をする(左から)大牟田市の関市長とカーブスジャパンの斎藤常務

 大牟田市は女性向けフィットネスジムを展開するカーブスジャパン(本社・東京)と「健康づくり推進包括連携協定」を結んだ。体力チェックなど健康づくりイベントを共催し、市民の健康寿命延伸を目指す。同社と協定を結んだ自治体は九州で初めて。

 市は2021年2月に策定した健康福祉総合計画で「住み慣れた地域で暮らし続けられる社会」を基本目標に掲げた。その実現に向け、市内に3店舗を運営するカー…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

あわせて読みたい

ニュース特集