特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦七番勝負 渡辺明名人-挑戦者・斎藤慎太郎八段 第3局の2

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

流行の駒組み 観戦記・椎名龍一

 本局で使用されている盤は地元の愛棋家・江藤寿展さん所有・6寸4分の榧(かや)盤である。第54期名人戦七番勝負第1局、羽生善治名人―森内俊之八段戦をはじめとしてタイトル戦で何度も使用されてきた歴史を持つ。

 駒は大塚信行さん所有のものが3組用意され、その中から児玉龍兒の最新作という錦旗書が選ばれた。奇麗に面取りがされており、盤上に並んでいる駒は「丸い」と感じさせる逸品だ。

 図から斎藤の指した[後]6四歩が最近流行している駒組みだという。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文636文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集