特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

放送禁止用語も登場 ウクライナ各地を飾る戦時下のポスター

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「ロシアの軍艦め、くそ食らえ!」とロシア語で書かれたポスター。クレムリン(露大統領府)の時計台と軍艦を合体させた異形の船が海に沈んでいくイラストが描かれている=ウクライナ南部ザポロジエで2022年5月6日午後、真野森作撮影(画像の一部を加工しています)
「ロシアの軍艦め、くそ食らえ!」とロシア語で書かれたポスター。クレムリン(露大統領府)の時計台と軍艦を合体させた異形の船が海に沈んでいくイラストが描かれている=ウクライナ南部ザポロジエで2022年5月6日午後、真野森作撮影(画像の一部を加工しています)

 ロシア軍がウクライナ侵攻を開始して3カ月となる中、ウクライナ各地の街頭では戦時下を感じさせるポスターが多数掲示されている。ユーモアを込めて市民を鼓舞するものや、「戦争英雄」をたたえるものなど内容はさまざまだ。土産物店ではTシャツなどのグッズも登場している。

 「ロシアの軍艦め、くそ食らえ!」。クレムリン(露大統領府)の時計台と軍艦を合体させた異形の船が海に沈んでいくイラストと、激しい罵倒の言葉。4月に沈没した露黒海艦隊の旗艦「モスクワ」を連想させる一枚だ。いわゆる放…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文588文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集