特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

学生が京都に子ども向け図書館を開設 「心のよりどころ、居場所に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
図書館づくりを行うプロジェクトメンバー。中央がリーダーの北川茉侑さん=京都すまいるプロジェクト提供
図書館づくりを行うプロジェクトメンバー。中央がリーダーの北川茉侑さん=京都すまいるプロジェクト提供

 古都・京都に来月15日、地域の子どもたちのための「居場所」となることを目指す、小さな図書館が完成する予定だ。その名は「こどもみらい図書館」。図書館の開設を企画したのは、京都市に本拠を置く大学生主体のまちづくり団体「一般社団法人京都すまいるプロジェクト」。図書館づくりに取り組んだいきさつや、まちづくりへの考えについて尋ねた。【駒沢大・根岸大晟(キャンパる編集部)】

 同団体は2012年に設立され、今年で10年になる。設立したのは、代表を務める須藤篤志さん(38)。「京都の町並みが私自身大好きだが、好きになればなるほど、貧困や空き家の問題、増えすぎた観光客が住民や景観に及ぼすマイナスの影響といった課題にも気付いた」ことが、団体設立の理由だったと須藤さんは語る。

この記事は有料記事です。

残り1647文字(全文1979文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集