特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『隠し女小春』『ショットとは何か』ほか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『隠し女小春』辻原登・著(文藝春秋/税込み1760円)

 辻原登はつねに異色のテーマをリアリティーで裏打ちし、本来の意味でのサスペンスで読者を幻惑する。新作の長編小説『隠(かく)し女(め)小春』もあっと驚く手法だ。

 大手出版社の校閲部に勤務する矢野聡(あきら)は独身の39歳。彼がいそいそと帰宅するのは、精巧なラブドール・小春が待つからだ。聡は彼女に話しかけ、ベッドで丹念に愛撫(あいぶ)し無上の快楽を得る。そして小春は聡と会話を始めるのだ。

 しかし彼には、バーを切り盛りする千賀子というセックスライフを共にする女性がいる。そこへストーカーのごとく聡を監視し、やがて近づいてくるもう一人の女性恭子が現れる。知的な恭子に聡は惹(ひ)かれ始め、予想外の事態が彼を襲う……とエロ小説のようだが違う。

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1848文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集