特集

SUNDAY LIBRARY

毎日新聞デジタルの「SUNDAY LIBRARY」ページです。「サンデー毎日」の書評「SUNDAY LIBRARY」の記事を掲載します。

特集一覧

SUNDAY LIBRARY

著者インタビュー  稲田豊史『映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ--コンテンツ消費の現在形』

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

メディアと人との関わり方は常に変わり続けてきた

◆『映画を早送りで観る人たち ファスト映画・ネタバレ--コンテンツ消費の現在形』稲田豊史・著(光文社新書/税込み990円)

 本誌読者の多くにとって、衝撃的なタイトルではないだろうか。「そんな人たちがいるのか!?」と胸がザワつく。稲田さんが“そんな人たち”に取材し、映画やドラマの倍速再生という行動の背景を探るきっかけになったのは“コンテンツ”という言葉だという。

「彼らは映像作品を“コンテンツ”と呼ぶ。これには引っ掛かりましたね。作品は鑑賞するものですが、“コンテンツ”には消費という言葉が似つかわしい。消費なら効率が良い方がいい。こうして、早送りをする流れができているように感じたんです」

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1448文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集