「嘉穂劇場修繕、寄付募る」 飯塚市長、CFかふるさと納税 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 飯塚市の片峯誠市長は24日の定例記者会見で、2021年5月に休館し、同9月に市所有となった嘉穂劇場(国登録有形文化財)の修繕費について、クラウドファンディング(CF)かふるさと納税で寄付を募る方針を明らかにした。また、再開時期は従来の見解通り2、3年後とし「安全が確認できれば、見学だけでも前倒ししたい」と語った。

 嘉穂劇場は江戸時代の歌舞伎様式を残す木造2階建ての芝居小屋。運営していたNPO法人が新型コロナウイルス禍で経営難になり、21年5月に営業停止。土地・建物は市に無償譲渡され、市教委が今年3月、活用策を協議する有識者らによる検討委員会を設けた。検討委は22年度中に答申する予定。

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文423文字)

あわせて読みたい

ニュース特集