連載

記者の目

最前線の記者がそれぞれの取材テーマを論じます。1976年にスタートした毎日新聞を代表するコーナー。

連載一覧

記者の目

福島事故から10年以上経過して 安直な原発活用論に疑問=岡大介(東京経済部)

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京電力福島第1原発では事故から10年以上が経過した現在も廃炉作業が続いている=福島県大熊町で2月26日、西夏生撮影
東京電力福島第1原発では事故から10年以上が経過した現在も廃炉作業が続いている=福島県大熊町で2月26日、西夏生撮影

 ロシアのウクライナ侵攻に伴う資源高による電気料金の高騰や、3月に電力需給が逼迫(ひっぱく)したことを受け、原子力発電所の再稼働を急ぐべきだとの声が目立ち始めた。ただ、忘れてはならない。原子力発電の長期停滞は、2011年の東京電力福島第1原発事故を招いた政治や行政、業界への不信こそが原因だ。原子力に復活の道があるとすれば、すべての関係者が「変わった」という事実を証明して、失った信頼を取り戻す以外にない。安直な活用論は日本のエネルギー政策だけでなく、原子力のためにもならない。

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1846文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集