連載

くらしナビ・医療

暮らしに密接な医療はさまざまな情報が交錯します。信頼できる治療法や研究、気をつけたい症状などを紹介。

連載一覧

くらしナビ・医療

小児被ばく低減へCT指針、浸透は?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立成育医療研究センターのCT装置。子どもが怖がらないように動物などのイラストがあしらわれている=同センター提供
国立成育医療研究センターのCT装置。子どもが怖がらないように動物などのイラストがあしらわれている=同センター提供

 医療現場に欠かせない存在となっているコンピューター断層撮影(CT)。日本は人口当たりの装置保有数が世界一の「CT大国」だ。ただし、医療被ばくという問題がある。とりわけ小児は放射線の影響を受けやすいとされ、大人以上に適切な線量管理が求められる。先進的な医療機関では小児の医療被ばくを低減する取り組みが進んでいるが、浸透に課題もある。

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1478文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集