AV救済法案 衆院内閣委が全会一致で可決、今国会で成立へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アダルトビデオ(AV)出演被害防止・救済法案を全会一致で可決した衆院内閣委員会=国会内で2022年5月25日午前11時8分、竹内幹撮影
アダルトビデオ(AV)出演被害防止・救済法案を全会一致で可決した衆院内閣委員会=国会内で2022年5月25日午前11時8分、竹内幹撮影

 衆院内閣委員会は25日、アダルトビデオ(AV)の出演被害救済に向けた法案を全会一致で可決した。27日に衆院本会議で可決され、衆院を通過する見通しで、今国会での成立を目指す。

 採決に先立つ趣旨説明で、与党プロジェクトチーム(PT)の座長で自民党の上川陽子幹事長代理は「出演被害は将来にわたって取り返しのつかない重大な被害をもたらす」と述べ、年齢性別に関係なく救済対象とする点を強調した。

 法案では、契約成立から撮影まで1カ月、撮影から公表まで4カ月を空けることを義務付け、出演者は年齢や性別を問わず公表後も1年間は契約を解除できる(施行から2年までは公表後2年間)とした。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文491文字)

あわせて読みたい

ニュース特集