「不正を惰性のように続けた」 三菱電機検査不正、信頼回復遠く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三菱電機の検査不正問題で調査結果を説明する調査委員会の木目田裕委員長=東京都千代田区の三菱電機本社で2022年5月25日午後4時35分、中島昭浩撮影
三菱電機の検査不正問題で調査結果を説明する調査委員会の木目田裕委員長=東京都千代田区の三菱電機本社で2022年5月25日午後4時35分、中島昭浩撮影

 三菱電機が25日公表した検査不正を巡る3回目の調査報告書では、7割の拠点で不正が横行していたことが明らかになった。管理職の関与も判明し、調査委員会は「不正を行うことが当たり前になり、惰性のように続けていた」と批判。品質管理の手続きを軽んじる姿勢が改めて浮き彫りになった。調査はまだ続いており、信頼回復の時期はまったく見通せない。

 「多くの皆様に多大なるご迷惑をかけ、改めて心からおわびする。調査に全面協力し、品質不適切行為の全容解明に向けて総力を挙げて取り組みたい」。25日に東京都内の本社で記者会見した漆間啓社長はこう述べて陳謝した。一方、記者から不正の発覚が広範囲に及んだ事態について問われると、「大変申し訳ない。真摯(しんし)に受け止めたい」と返すのが精いっぱいだった。

この記事は有料記事です。

残り975文字(全文1314文字)

あわせて読みたい

ニュース特集