伊達公子さんと杉村太蔵さんが描く夢とは 毎日テニス選手権100年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
毎トーや今の日本テニス界について、熱く語り合った伊達さん(左)と杉村さん=東京都千代田区で2022年2月22日、竹内紀臣撮影
毎トーや今の日本テニス界について、熱く語り合った伊達さん(左)と杉村さん=東京都千代田区で2022年2月22日、竹内紀臣撮影

 1919(大正8)年に始まり、日本テニス協会公認として最古のテニストーナメントとなる「毎日テニス選手権(毎トー)」(主催・毎日新聞社、特別協賛・テニスユニバース)が今年で100回の節目を迎える。それを記念し、テニスプレーヤーの伊達公子さん(51)と、国体で優勝し毎トーにも出場経験がある元国会議員の杉村太蔵さん(42)が大会へのメッセージや今後のテニス界への提言などを寄せた。【聞き手・杉本修作】

伊達さん「世界へつながる場」

 ――毎トーが100回大会を迎える。

自身が歩んできた道のりを笑顔で振り返る伊達公子さん=東京都千代田区で2022年2月22日、竹内紀臣撮影
自身が歩んできた道のりを笑顔で振り返る伊達公子さん=東京都千代田区で2022年2月22日、竹内紀臣撮影

 伊達 何事も続けることは簡単なことではありません。それを100回も続けている。テニスをやる人間であれば、誰でもすごいことだと感じると思います。プロ選手は「一度は全日本のタイトルを取りたい」と考えますが、まず毎トーをステップに全日本を目指し、その先に世界というような道筋をこれからも持てるような大会であり続けてほしいです。

 ――杉村さんは過去、毎トーに出場している。

 杉村 1995年、高校1年の時です。毎トーの一般大会は、各都道府県で予選があり(現在は地域での予選大会は開催していない)、僕は北海道の予選の最年少優勝者でした。その後に本戦に出場しましたが、1回戦で負けてしまいましたね。僕が一般の大会に出させていただいたのは最初で最後ですね。

 毎トーは、僕の中ではキャリア最高の大会で、今までの人生でも本戦に出たのは自慢なんです。引き続き、日本のテニスプレーヤーの憧れの大会であってもらいたいですね。

 ――伊達さんが頭角を現してきたのは高校時代。ジュニア時代はどんな選手だった?

 伊達 小、中学校のころ、京都でいつも2、3番でした。結局、準決勝まで進むと、いつも同じメンバーで、その中に勝てない人がいました。

 高校は兵庫・園田学園に進学しましたが、1年生の時にはインターハイで県予選負け。ダブルスは4強止まりでした。1年秋に初めて新人戦で全国優勝したのが、人生初の優勝でしたね。

杉村太蔵さん=東京都千代田区で2022年2月22日、竹内紀臣撮影
杉村太蔵さん=東京都千代田区で2022年2月22日、竹内紀臣撮影

 杉村 高校1年までだったら、僕の方がキャリアは上かもしれませんね。意外です。若い選手たちに夢を与えますね。

 伊達 だから、私は遅咲きですね。新人戦で初めて優勝したのが自信になってから、やっと結果が出るようになり始めて……。高校2年のインターハイでシングルス4強入り、ダブルス優勝。高校3年が3冠(シングルス、ダブルス、団体)。一気に結果が出るようになりました。

「部活」から世界へ

 ――高校時代に飛躍した理由は何か。

現役復帰後の全日本選手権で優勝を果たした伊達公子さん=東京・有明コロシアムで2008年11月15日、三浦博之撮影
現役復帰後の全日本選手権で優勝を果たした伊達公子さん=東京・有明コロシアムで2008年11月15日、三浦博之撮影

 伊達 光国彰監督から「おまえは好きなように打っていい」と指導されたのが大きかったですね。「ミスしとけ、ボールはアウトしとけ」と常々言ってくれました。その時、先輩からはアウトになって怒られ、監督からは「アウトしとけ」と指示され、意味がわからなかったんですけど、今にして思えば、監督は3年間、結果を求めず、卒業後の私を見据えてくれていたのだと思います。今すぐ結果に結びつかなくてもいいという指導をしてくれたことが成長につながったのではないでしょうか。

 杉村 現在、世界で活躍する錦織圭選手、大坂なおみ選手は伊達さんのようにインターハイを経験していません。でも、「部活テニス」で世界に行けるってことですよね。米国へのテニス留学もいいですけど、部活から(4大大会の)ウィンブルドン選手権で4強入り。これはすごいことだと思います。

 ――杉村さんは自宅にコートがあって、幼少よりテニスに触れている。

 杉村 最大で4面あったんですよ。北海道の旭川出身なんですけど、1年のうち半年は雪に覆われます。それでも、結構すごい選手を輩出しています。

国体で優勝し、表彰される杉村太蔵さん=1997年10月(杉村さん提供)
国体で優勝し、表彰される杉村太蔵さん=1997年10月(杉村さん提供)

 きっかけになったのは、室内テニスコートができたことです。1990年ごろに我がふるさとにも本格的なハードコートの室内テニスコートが完成し、そのこけら落としで、伊達さんに来ていただいているんですよ。

 伊達 思い出しました。行きましたね。

 杉村 伊達さんが旭川にいらっしゃるということで町中が大騒ぎになりました。その時、伊達さんはイベントで、小学生とテニスをやっているんですけど、伊達さんとペアを組んだのが、当時小学生の僕です。

 伊達 えー本当ですか。

 杉村 そうなんです。いまだに覚えています。あの時の小学生は僕です。覚えてらっしゃらないかもしれませんけど。サインもいまだに持っています。今日の対談で、必ずこの話をお伝えしようと思って。あの時の少年が今、42歳になりました。

負けない「武器」を持つこと

 ――毎トーに出場する選手たちのように国内で力をつけるジュニアも大勢いる。そんな選手たちが世界に出るために必要なこととは?

 伊達 今は時代も変わってきて、世界が身近に感じられるようになっています。強い体を持っている人が多くなりました。でも、大切なことは人と同じことをやっていてはダメということ。何か武器を作るというのは絶対に必要。フィジカルの強さ、高い持久力など誰にも負けない武器が必要ですね。バランス良くというより、これだけは負けないというものを持つことが大切です。

 ――伊達さんの武器はよくライジングショットと言われる。

 伊達 世界の舞台に立ってみて、パワーとスピードに圧倒され、これでは勝てないと体で感じました。じゃあ欧米の選手と同じようにトレーニングしたら自分が同じようになれるかと言ったら、体が壊れるだけ。何ができるかを考え、相手のパワーを利用したショットとして、できあがったのがライジングショットでした。

ジュニア選手が世界へ羽ばたけるように

 ――今の日本のテニス界についての問題意識を聞かせてほしい。

毎日テニス選手権の歩み
毎日テニス選手権の歩み

 伊達 砂入り人工芝のコートが1986年に日本に入ってきて、30年以上かけて広まっているんですけど、世界では砂入り人工芝というサーフェス(コート表面)は、ほとんど使われていない。日本の風土、大会の運営サイドのことを考えれば、多少の雨でも試合ができるメリットを感じるのはわかりますが、私個人としては、やはり日本のテニスが今まで以上に確立されるためには世界基準のサーフェスのコートが必要ではないかなと思います。

 杉村 テニスは生涯楽しめるスポーツです。ウィンブルドンも素晴らしいですけど、毎トーみたいな大会に皆さんが参加できるようになればいいです。選手が出場しやすい企業側の環境づくりも大切ですね。「毎トーに出るので有休取ります」ってなかなか言えない。スポーツなど趣味の分野に時間を費やす。そこに有休を充てる。そういった働き方、ワーク・ライフ・バランスがもっと進むといいですね。

 伊達 今、ヨネックスさんとジュニア選手の育成を始めて3年目。ジュニアの4大大会出場を目指すプロジェクトに取り組んでいます。世界基準に物事を考えて、テニスに必要なスキルをできるだけ早い段階で手にしてほしいという思いで進めています。夢を持っているジュニア選手はたくさんいますが、そのプロセスが不十分なことがあります。

 ジュニアの選手たちが刺激を得られる場所、機会を我々がたくさん作ってあげることが大切なのではないか。今、世界のトップ選手たちの年齢も下がってきています。できるだけ早い段階で、どれだけスキルを上げられるかが大切です。そのためにはグローバルスタンダードで戦える環境を整えることが私の役目ですね。

 杉村 僕がすごく感じるのは、世界を目指して頑張るジュニア選手の支援も重要ですけど、やっぱり大人になってから、それこそ生涯にわたってテニスを続けるのも大事なこと。今、僕は試合に出なくはなりましたが、テニスクラブのメンバーだし、コートに立つのは好きです。毎トーはベテラン部門に年齢別のカテゴリーがありますよね。だから、もう一回出場するのが、僕の夢なんです。

 僕が世界一のテニスプレーヤーだと思う人は90歳を超えてテニスをしているウクライナの方。フェデラー選手を倒すことが自分の夢だと言って、練習を続けていた人がいるんですよ。こういう人も超一流のプレーヤーだと僕は思っています。

 伊達 杉村さんにぜひ、毎トーにチャレンジしてもらいたいですね。

 杉村 伊達さんも一度、現役引退され、カムバックしましたよね。

 伊達 カムバックしました。ただ、心の持ちようは大きく違いましたね。1度目はとにかく、つらくて、つらくて。いつやめるかしか考えていませんでした。

 2度目はそこから解放され、やっぱりテニスが好きだと思えるようになりました。セカンドキャリアは、自分の追いつかない体と向き合い、科学的なトレーニングをしたり、小さな変化が見えることが楽しかったり。衰えに勝つことはできないですけど、どうやって戦おうかと、何をすれば勝てるのだろうということを考えることが楽しかった。ツアーで世界中を回ることが楽しくなりました。

 杉村 復帰後の全日本選手権でいきなり優勝されましたね。

 伊達 はい。シングルス、ダブルスで。

 杉村 当時の選手たちは伊達さんが復帰されて、正直、つらかったと思いますよ。12年ぶりに戻ってきて、単複優勝するんですから。テニス界だけでなく、日本人全体にも大きな刺激を与えた。まさに再チャレンジ。本当にすごいな。

杉村さん「もう一回出場するのが夢」

 ――今後の目標は?

 伊達 二つあります。一つ目は先ほど話したプロジェクトで、ジュニアの選手たちが世界に羽ばたいていくこと。二つ目は今、アカデミーを日本に作りたいと思っています。米国や欧州に練習拠点を作らなくても、日本で練習し、日本で育って世界に行けることも可能だと思っています。教育も、練習もしっかりできる場所ができればいいなと。

 杉村 僕はもう一回、本格的にテニスやりたいですね。45歳以上で毎トーに出場したいですね。

テニスの本質に目を向けて

 ――毎日新聞は本年、創刊150年を迎えた。スポーツ報道を含め、毎日新聞への提言があれば。

 伊達 テニスっていうものを見聞きする機会っていうのはすごく大事。それを報じるメディアの方がテニスに目を向けていただくことは大切です。しかし、4大大会は取り上げられますが、それ以外となると、目にする機会が極端に減ってしまいます。ジョコビッチやフェデラー、ナダルなど名前のある選手に、どうしても注目が集まりがちですけど、これからもしっかりとテニスの本質そのものを伝えていってもらいたい。

 杉村 提言というか、毎日新聞の地域版で、ジュニアの試合の結果が出ると、ものすごくうれしいものです。自分の名前が新聞に載るというのは本当にうれしい。今でも、毎トーで僕の名前が載った新聞をとってあります。日本は活字文化なので、新聞に自分の名前が載るというのは名誉なことで、励みになります。

 それとファクトにこだわった報道をこれからも続けてもらいたい。きちっとした記者さんが現地で取材をし、文章にする。ネットにはない大事な点です。

テニスプレーヤー 伊達公子さん

 だて・きみこ 1970年9月、京都市生まれ。4大大会の全豪、全仏両オープン、ウィンブルドン選手権で4強入り。95年にはWTAランキング4位まで浮上した。96年のフェド杯で当時、世界1位のシュテフィ・グラフを破った。96年11月に一度は現役引退したが、2008年に37歳で復帰。14年に全米オープンのダブルスで準決勝進出を果たした。現在、日本テニス協会理事を務め、テニス解説やジュニア育成など幅広く活動している。

元国会議員 杉村太蔵さん

 すぎむら・たいぞう 1979年8月、北海道旭川市生まれ。小学4年生より父、祖父の影響でテニスを始め、札幌藻岩高在学中、国体で優勝。テニス推薦で筑波大に入学したが、中退した。その後、2005年9月の衆院選で自民党から出馬し、26歳で最年少当選。衆院議員を1期務めた。現在は、テレビ・ラジオ・雑誌などメディアで活躍している。

出場選手募集

 毎日テニス選手権では、出場選手を募集しています。現在募集中の種目は【ベテラン男子35歳以上~40歳以上、女子35歳以上~60歳以上】大会期間7月4~23日、会場・東京都昭島市の昭和の森テニスセンター。応募締め切りは6月2日。【ジュニア】大会期間8月18~30日、会場・さいたま市の大宮けんぽグラウンド。応募締め切りは7月28日。詳細は大会ホームページ(http://www.maitospo.com/)。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集