鳥銀3月期決算、2年ぶりの減益 コア業務純益は増 /岡山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岡山県の津山支店の完成イメージ図=鳥取銀行提供
岡山県の津山支店の完成イメージ図=鳥取銀行提供

 鳥取銀行(本店・鳥取市永楽温泉町)は2022年3月期の決算を発表した。連結では、売上高にあたる経常収益は133億100万円(前年比0・8%減)で9年連続の減収、最終(当期)利益は8億9100万円(同10・6%減)で2年ぶりの減益となった。

 本業のもうけを示す「コア業務純益」(単体)は有価証券の利息や投資信託の販売手数料などの増加で前年比24・8%増の17億5300万円。個人、公金とも預け入れが増えたことで預金残高は同2・6%増の9810億2000万円、貸出金残…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

あわせて読みたい

ニュース特集