「死ね」趣旨ツイート 日弁連「下品だが表現の自由」と処分取り消し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪弁護士会館=服部陽撮影
大阪弁護士会館=服部陽撮影

 ツイッターに「死ね」という趣旨の投稿をしたとして、大阪弁護士会所属の男性弁護士(35)に同会が下した懲戒処分について、日本弁護士連合会が取り消しを決定した。17日付。

 男性は2019~20年、ツイッターに「弁護士に金払わなくて平気な奴は人殺しと同じだよ」「弁護士費用を踏み倒す奴はタヒね!」などと投…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集