特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

南区でロングラン 映画「ひまわり」 平和への願い込め上映 ウクライナで撮影 /京都

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
京都みなみ会館で「ひまわり」の上映を続ける尾関成貴さん=京都市南区で、南陽子撮影
京都みなみ会館で「ひまわり」の上映を続ける尾関成貴さん=京都市南区で、南陽子撮影

 第二次世界大戦の独ソ戦で引き裂かれ、別々の道を歩むことになったイタリア人男女の悲恋を描いた映画「ひまわり」を、京都みなみ会館(京都市南区)がロングラン上映している。ロシアのウクライナ侵攻を受けてスクリーンにかけ、既に2カ月。番組編成担当の尾関成貴さん(37)は「戦争が終わるまで上映を続けたい。だが本当は、上映し続けるのは良い状況ではない」と憂い、一日も早い終結を願っている。

 1970年公開の「ひまわり」は、イタリア出身で従軍経験のあるビットリオ・デ・シーカ監督(01~74年)が、戦争の残酷さを静かに訴えた名作。ソフィア・ローレン演じる妻が、出征したまま戻らない夫(マルチェロ・マストロヤンニ)を捜してソ連に向かい、戦死者が葬られた広大なヒマワリ畑を訪ねる名場面でも知られている。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文815文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集