葛西敬之氏が死去 JR東海元会長 81歳 「国鉄改革3人組」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
葛西敬之氏=東京都品川区で2012年6月、西本勝撮影
葛西敬之氏=東京都品川区で2012年6月、西本勝撮影

 1987年の国鉄分割民営化に尽力し、JR東海の社長、会長などを歴任した葛西敬之(かさい・よしゆき)さんが死去したことが27日、分かった。81歳。

 東京都出身。東京大法学部卒業後、63年に旧国鉄に入った。内部から民営化に取り組み、元JR東日本社長の松田昌士(まさたけ)氏、元JR西日本社長の井手正敬氏とともに「国鉄改革3人組」と言われた。JR東海では95年に社長就任。2004年に会長、14年に名誉会長になったが、代表取締役を18年まで続けて長期にわたって経営を主導した。

 民営化直後からJR東海の総合企画本部長を務め、東海道新幹線「のぞみ」の営業運転開始(92年)などに関わった。社長時代は東証1部上場(97年)、名古屋駅ビルのJRセントラルタワーズの完成(99年)、東海道新幹線品川駅の開業(03年)などを実現させた。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文673文字)

あわせて読みたい

ニュース特集