特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ東部の州「95%をロシアが制圧」 戦術ミサイルの情報も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア軍が制圧した街を走行する親露派武装勢力の戦車=ウクライナ東部ルガンスク州で2022年5月26日、ロイター
ロシア軍が制圧した街を走行する親露派武装勢力の戦車=ウクライナ東部ルガンスク州で2022年5月26日、ロイター

 ロシアの侵攻が続くウクライナで、東部ルガンスク州での攻防が重要局面を迎えつつある。ウクライナ軍高官は26日、州内の戦線でロシア側が優勢にあると指摘。同州のガイダイ知事は「州の95%がロシアに制圧された」としている。露軍は主要都市セベロドネツクとリシチャンスクの包囲に向け攻勢を強めており、ウクライナ側は苦戦を強いられている模様だ。

 両都市はドネツ川を挟んで隣接しており、露軍にとっては、制圧すればルガンスク州のほぼ全域を掌握することになる。ドネツ川を越えてウクライナ側に切り込む拠点にもなり得るため、戦略的な価値も高いとみられる。ガイダイ知事は27日、通信アプリ「テレグラム」への投稿で、セベロドネツクは3分の2が包囲され、砲撃などにより住宅の9割が被害を受けたと報告した。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1040文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集