和歌山のミカン栽培システム 世界農業遺産認定を目指し推進協設立

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
設立総会で会長に選任され、あいさつするJAありだの森田耕司組合長(奥右)=和歌山県有田川町の県果樹試験場で、姜弘修撮影
設立総会で会長に選任され、あいさつするJAありだの森田耕司組合長(奥右)=和歌山県有田川町の県果樹試験場で、姜弘修撮影

 和歌山県の有田地域と海南市の下津地域で継承されてきたミカン栽培システムの世界農業遺産認定に向け、「有田・下津地域世界農業遺産推進協議会」の設立総会が26日、有田川町の県果樹試験場であった。最初の手続きとなる農林水産省への申請書案を了承し、2024年2月の認定を目指すことを申し合わせた。【姜弘修】

 世界農業遺産は、国連食糧農業機関(FAO)の認定制度。FAOへの申請には農水省の承認が必要となる。国内では現在11の認定地域がある。県内では15年12月、「みなべ・田辺の梅システム」が認定されている。

 下津地域は18年度に「下津蔵出しみかんシステム」、有田地域は20年度に「みかん栽培の礎を築いた有田みかんシステム」でそれぞれ日本農業遺産に認定された。今回、隣接する両地域の栽培システムを融合し、世界農業遺産認定を目指すことになった。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文695文字)

あわせて読みたい

ニュース特集