特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち14人が死亡、12人が行方不明に。

特集一覧

カズワン船体「手すり以外に目立った損傷ない」 作業船に引き揚げ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、第1管区海上保安本部は27日午前3時20分ごろ、クレーンを使って沈没した船体を作業船に引き揚げた。同日午後にも網走港(北海道網走市)に入港する。

 1管は26日午後3時ごろから船体のつり上げ作業を開始。同日夜に作業船に船体を横付けさせた後、水深の浅い海域まで移動させた。その後、27日未明から作業船の上に船体を移す作業を続けていた。

 27日朝、船体はブルーシートに覆われた状態で作業船の上に置かれていた。網走港に運ばれた後、船内の水を抜いてから陸揚げされる。陸揚げは28日以降になる見通し。

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文554文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集