逮捕歴のツイッター投稿 「削除認めない」2審見直しも 上告審弁論

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影
最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 建造物侵入容疑で2012年に逮捕された男性が、ツイッター上に残っている逮捕歴の投稿を削除するよう米ツイッター社に求めた訴訟の上告審弁論が27日、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)で開かれた。1審・東京地裁は削除を認めたものの、2審・東京高裁は「(投稿が)公表されない利益が、公表される利益を明らかに優越するとは言えない」として原告を逆転敗訴とした。今回、最高裁が結論を変更する際に必要な弁論を開いたため、2審判決が見直される可能性がある。判決は6月24日。

 最高裁は17年、グーグルなどの検索サイトに対する逮捕歴などの削除請求について「公表されない利益が、公表される利益に明らかに優越する場合には削除が認められる」との判断基準を示した。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文709文字)

あわせて読みたい

ニュース特集