連載

eye

社会や政治、スポーツなど国内外の動きを、写真のレンズを通して見つめます。

連載一覧

eye

だから芸人はやめられない

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
少年が、ピエロの人間味が強い一面を見てしまうコントをするとしみつ(右)と川崎誠。いつか戦友のお笑いコンビ「マヂカルラブリー」と「アルコ&ピース」と番組を持ちたい。「あとは2組の知名度に俺らが追いつくだけ」=西新宿ナルゲキで4月16日
少年が、ピエロの人間味が強い一面を見てしまうコントをするとしみつ(右)と川崎誠。いつか戦友のお笑いコンビ「マヂカルラブリー」と「アルコ&ピース」と番組を持ちたい。「あとは2組の知名度に俺らが追いつくだけ」=西新宿ナルゲキで4月16日

 「お笑い」に魅せられ30年。新型コロナウイルス禍の収束が見通せないなか、情熱を注ぎ続け無所属で活動する芸人たちを追った。

 「モダンタイムス」のとしみつ(43)と川崎誠(44)は小学3年生からの同級生。テレビで見たとんねるずの面白さに衝撃を受け、5年生にはコントのまね事をしていた。卒業文集に書いた夢は「としかわ(当時のコンビ名)で漫才する」。2001年にコンビを結成した。学校でいじめを受けたり、アルバイト先で怒られたりしたが、芸人であることで人生の嫌なこともネタにできる。「笑いに変えるのは『逃げ』だけど、自分らしくいられて楽だった」。舞台に立つ緊張感や刺激は普通に生活していたら味わえない。「いつか自分たちのネタが日の目を見たら」と、としみつは意気込む。

 「お笑いしかないんです」。芸歴21年目のピン芸人ウメ(43)が照れくさそうにつぶやく。ウメは高校生の時に芸人志望だったが、恥ずかしくて周囲に言い出せず、短大卒業後にお笑い養成所に入った。07年にピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり」の決勝に進出、テレビ放映もされたが、その後も知名度が上がったとは言えなかった。現在、お笑いによる収入は全体の1割にも満たず、アルバイトが主だ。「舞台に立ち続けたい。…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文1111文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集