特集

熊本地震

2016年4月14日と16日に発生した熊本地震。最大震度7の激震に2度襲われ、熊本、大分両県で関連死を含めて275人が亡くなった。

特集一覧

地震の経験、教訓後世に 熊本市の東稜高、アーカイブズ開設 当時の記録資料など展示 /熊本

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
熊本地震で被災した東稜高校の様子などを記録した写真を見る司書教諭の高木さん(左から2人目)や図書委員の生徒ら
熊本地震で被災した東稜高校の様子などを記録した写真を見る司書教諭の高木さん(左から2人目)や図書委員の生徒ら

 学校が直面した2016年の熊本地震の経験や教訓を後世に伝えようと、熊本県立東稜高校(熊本市東区)が、当時の記録を保存するアーカイブズを開設している。教育現場は教員の異動や生徒の入れ替わりで伝承が難しく、県教委も「熊本地震をテーマにアーカイブズを整備した県立高は聞いたことがない。意義がある取り組みだ」と評価している。【中村園子】

 余震への注意事項を書いた黒板や生徒の安全確認状況を記したホワイトボードを撮った写真、避難所運営の課題を書き記した日誌――。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文915文字)

【熊本地震】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集