特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

『カルチャーセンター』=松波太郎・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
『カルチャーセンター』
『カルチャーセンター』

 (書肆侃侃房・1870円)

 この長編には長めの作中作がある。末尾には小説に登場したとみられる実在の人物や関係者のコメントが並ぶ。作中作は、内側から小説全体を映し出す鏡のような存在になっている。「小説」としか呼びようがない表現形態を取る。

 カルチャーセンターの小説講座が題材になっている。著者を思わせる主人公が小説に向き合う日々を回想する。講師と受講生、合評、提出作品――…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集