米小学校乱射事件 治安当局45分以上突入せず「誤った判断だった」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
事件現場を調べる捜査員たち=米南部テキサス州ユバルディで2022年5月25日、AP
事件現場を調べる捜査員たち=米南部テキサス州ユバルディで2022年5月25日、AP

 米南部テキサス州の小学校で児童ら計21人が死亡した銃乱射事件で、州治安当局幹部は27日に現地で記者会見し、容疑者の男(18)が教室に立てこもっている際、地元警察官などの当局者ら約20人が廊下で45分以上待機していたと明らかにした。その後、国境警備隊の特殊チームが突入し、男を射殺。当局者らが待機していた間、教室の児童らが警察に助けを求める電話をしており、幹部は「(待機は)誤った判断だった」と認めた。

 治安当局幹部によると、男は24日午前11時33分、無施錠だった裏口のドアから小学校に侵入した。小学4年生の教室に押し入り、半自動小銃「AR15」で100発以上を発射した。男は教室のドアを施錠して、立てこもったという。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文681文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集