特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

激戦地ルガンスク州知事「撤退あり得る」ウクライナ東部でロシア攻勢

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ・ルガンスク州ポパスナで通りを走る親ロシア派の軍用車両=2022年5月26日、ロイター
ウクライナ・ルガンスク州ポパスナで通りを走る親ロシア派の軍用車両=2022年5月26日、ロイター

 ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は27日、通信アプリへの投稿で、攻勢に出るロシアが9割超を制圧したと宣言する激戦地の同州を巡り、ウクライナ軍の撤退が「可能性としてあり得る」との考えを示した。東部ではドネツク州でも広範囲でロシア軍の攻撃が続いており、ウクライナ側は危機感を強める。

 ガイダイ氏はルガンスクの戦況について、防衛のための十分な戦力が残存するとしつつも、「包囲されて」壊滅的な打撃を受けることへの懸念を表明。ウクライナ国防省報道官も2州に関して「状況は依然として厳しい」と述べた。

 ルガンスク州の要衝セベロドネツク市の市長は27日、同市の「周囲3分の2がロシア軍に占拠された」とした。市への補給路は既に遮断状態との分析も出ている。セベロドネツクが陥落すれば州全域が制圧される可能性がある。

 ドネツク州では27日、親露派部隊が、北部の鉄道の拠点リマンを制圧したと表明。同州のキリレンコ知事もウクライナメディアに、リマンのほとんどの地域は「ウクライナ軍の統制下にない」とコメントした。一方ウクライナ国防省は「戦闘は続いている」と主張した。

 …

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文663文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集