特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

午後のおやつはショートケーキとクリームブリュレ 名人戦第5局

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
渡辺明名人の午後のおやつは、岡山県産「晴苺のショートケーキ」とアイスコーヒー=岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で2022年5月28日午後2時49分、加古信志撮影
渡辺明名人の午後のおやつは、岡山県産「晴苺のショートケーキ」とアイスコーヒー=岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で2022年5月28日午後2時49分、加古信志撮影

 岡山県倉敷市で28日に始まった第80期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は、午後3時に両対局者におやつが出た。新型コロナウイルス対策のため、それぞれの控室で食べることになっており、渡辺明名人(38)と挑戦者の斎藤慎太郎八段(29)の2人とも対局室を出た。その間に記録係の清水航三段も席を外し、対局室がしばらく無人になる珍しい光景が見られた。

 おやつは、渡辺名人が岡山県産のブランドイチゴ「晴苺(はれいちご)」を使ったショートケーキとアイスコーヒー、斎藤八段は純国産鶏の岡崎おうはんの卵を使った「おひたまクリームブリュレ」とホットレモンティー。シェフのメモには、ショートケーキは「甘さ控えめ、さっぱりと仕上げました」、クリームブリュレは「とろけるほど滑らかで濃厚な味わいです」とある。【新土居仁昌】

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文518文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集