特集

新疆公安ファイル

中国・新疆にあるウイグル族収容施設の内部写真など数万件の資料が流出。国家安定のため、容赦ない共産党の姿がそこに。

特集一覧

新疆の人権「懸念と疑念を中国に提起」 国連弁務官、訪問終える

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新疆ウイグル自治区などへの訪問を終え、記者会見する国連のバチェレ人権高等弁務官=2022年5月28日、AP(オンライン動画の画面から)
新疆ウイグル自治区などへの訪問を終え、記者会見する国連のバチェレ人権高等弁務官=2022年5月28日、AP(オンライン動画の画面から)

 国連のバチェレ人権高等弁務官は28日夜、中国広東省と新疆ウイグル自治区の訪問(6日間)を終え、オンラインで記者会見を開いた。バチェレ氏は「新疆への訪問では、対テロ政策として行われている手法がウイグルやその他の少数民族の人権に与える影響について懸念と疑念を中国側に提起した」と説明。「特に対テロ政策などに関する見直しを行い、国際的な人権基準に合わせるように促した」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1046文字)

【新疆公安ファイル】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集