サッカー 過密日程、引き分け多い訳? J1今季136試合中49試合 「ガンガン攻めない」指摘

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【福岡-浦和】福岡と引き分けた浦和イレブン
【福岡-浦和】福岡と引き分けた浦和イレブン

 スポーツの世界は勝ち負けがつきものだが、今季のサッカー・J1はこの定説から外れているようだ。引き分けが例年より1割も多く、全体の3分の1以上を占める。J1での連続引き分け記録も相次いで誕生した。

 「引き分けが増えるのではないか」と考えられたのは2021年シーズンだった。20年は新型コロナウイルスの影響で長期中断などが生じ、J2への「降格なし」という特別ルールが導入され、翌シーズンを見据えた若手起用など大胆なチャレンジができた。一方、例年より2チーム多い20チームで争った21年は下位4チームが降格することから、少しでも勝ち点を積み上げるため、手堅い試合が増えるとみていた監督は少なくなかった。

 結果的に20年の引き分けは306試合中22・2%の68試合で前年から微減、21年は380試合中24・7%の94試合で微増だった。

この記事は有料記事です。

残り1322文字(全文1686文字)

あわせて読みたい

ニュース特集