特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

プーチン氏、食料問題解決に「制裁の解除必要」 独仏首脳と協議

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのプーチン大統領 拡大
ロシアのプーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は28日、フランスのマクロン大統領、ドイツのショルツ首相と電話で協議した。ロシアによるウクライナ侵攻により世界的な食料危機の懸念が高まっていることについて協力の用意を伝えたが、食料問題の解決には欧米諸国による対露制裁の「解除が必要」と迫った。

 独政府報道官によると、電話協議はショルツ氏とマクロン氏の主導で実現し、約80分間実施された。両氏はプーチン氏に対し、即時停戦とウクライナからの撤退のほか、ウクライナのゼレンスキー大統領との交渉による外交的解決を要求した。また、仏大統領府によると、マクロン氏は、ウクライナ産穀物を輸出できるよう南部オデッサの港の速やかな封鎖解除を求めた。

 これに対し、露大統領府によると、プーチン氏は、食料供給が困難になっている問題について「西側諸国による誤った経済政策や対露制裁が本当の理由だ」と主張し、ロシアによるウクライナの海上封鎖を批判する欧米に反論。ウクライナの港からの穀物輸出の方法を見つける「用意がある」と述べる一方で、制裁により困難になっているロシアからの肥料や食料の輸出を解禁することが「世界の食料市場の緊張を緩和させる」と訴えた。

 ウクライナとの停戦協議については「キエフ(キーウ)の政権のせいで凍結状態になっている」とウクライナ側を批判し、「ロシアは対話の再開にオープンだ」と述べた。一方で欧米諸国によるウクライナへの武器供与が「状況をさらに不安定化させ、人道危機を先鋭化させる」と警告した。【畠山哲郎、ベルリン念佛明奈、パリ久野華代】

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集