特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「軍事作戦中止、軍撤収を」 ロシアで野党議員、異例の発言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシア国旗=ゲッティ
ロシア国旗=ゲッティ

 ロシア極東の沿海地方で27日、野党議員がウクライナで続ける「特別軍事作戦」の即時中止と軍の撤収を呼びかけた。現在のロシアでは軍を毀損(きそん)する発言が処罰対象とされる恐れがあることから、異例の発言といえる。また、ロシア南部の軍事裁判所は従軍を拒否して除隊処分となった兵士らによる異議申し立てを棄却した。ロシア国内で軍事侵攻に賛同しない声や動きが相次いで露呈している。

 地元メディアによると、沿海地方議会で野党・共産党のワシュケービッチ議員は「軍事作戦をやめないと、国内の孤児が更に増えてしまう」と述べ、軍の即時撤収を呼びかけるプーチン大統領宛ての声明文を読み上げた。これに対し、政権与党「統一ロシア」に所属するコジェミャコ知事は「ナチズムと戦うロシア軍の名誉を傷つける。裏切り者だ」と非難。知事の要求に応じ、議会はワシュケービッチ氏と賛同した議員の発言権を奪う議案を…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文685文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集