セクハラ「受けた」190件、神奈川の生徒ら 県が56件特定で指導

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神奈川県教育委員会=横浜市中区で、木下翔太郎撮影
神奈川県教育委員会=横浜市中区で、木下翔太郎撮影

 神奈川県教育委員会は27日、県立高校などの生徒を対象にした2021年度のセクハラに関するアンケート調査の結果を発表し、「被害を受けた」との生徒の回答が延べ190件あったことを明らかにした。県はこのうち、事案を特定できた56件について、学校長を通じて各教員に指導。セクハラ防止に向けて、引き続き注意喚起に取り組む。

 アンケートの対象は県立の高校、中等教育学校(後期課程)、特別支援学校(高等部)の全生徒約12万500人。20年度は1回実施だったが、21年度は増やし計2回、21年4~7月と、同8月~22年3月の二つの期間を対象に実施した。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文818文字)

あわせて読みたい

ニュース特集