特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

斎藤の封じ手は「4五同桂」 名人戦第5局 2日目始まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2日目の対局が始まり、封じ手を指す挑戦者の斎藤慎太郎八段。左は渡辺明名人。右は立会の谷川浩司十七世名人=岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で2022年5月29日午前9時、加古信志撮影
2日目の対局が始まり、封じ手を指す挑戦者の斎藤慎太郎八段。左は渡辺明名人。右は立会の谷川浩司十七世名人=岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で2022年5月29日午前9時、加古信志撮影

 渡辺明名人(38)に斎藤慎太郎八段(29)が挑戦する第80期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は29日、岡山県倉敷市の市芸文館で2日目の対局が始まった。

 快晴の倉敷。和服姿の両対局者はこの日も宿泊先のホテルから人力車で芸文館に到着した。対局室で前日に渡辺が指した47手目の▲4五歩までの盤面を再現すると、立会の谷川浩司…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集