ALS 脳波で文字入力 小型器埋め込み意思解読 阪大、治験計画

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
埋め込み型BMIの脳波計について説明する大阪大の平田雅之・特任教授=大阪府吹田市で2022年3月、大西達也撮影
埋め込み型BMIの脳波計について説明する大阪大の平田雅之・特任教授=大阪府吹田市で2022年3月、大西達也撮影

 全身の筋肉が徐々に動かなくなる難病「筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)」(ALS)の患者の頭部に、小型の脳波計を埋め込んで文字入力につなげる治験を、大阪大の研究チームが計画している。ALS患者は症状が進行すると、意識は鮮明なのに周囲とコミュニケーションが取れなくなることがあり、こうした患者が自分の意思を伝える手段になると期待される。(3面に「拡張する脳」と「質問なるほドリ」)

 阪大病院の治験審査委員会が審査中で、承認を得られれば、少数の患者を対象に今年中にも半年間にわたる治験を始める。

この記事は有料記事です。

残り1103文字(全文1361文字)

あわせて読みたい

ニュース特集