カンヌ映画祭 是枝作品で男優賞 韓国人初、ソン・ガンホさん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第75回カンヌ国際映画祭の授賞式が28日(日本時間29日未明)にあり、是枝裕和監督(59)の韓国映画「ベイビー・ブローカー」に主演したソン・ガンホさんが男優賞を受賞した。韓国人の同賞受賞は初めて。また、早川千絵監督(45)の「PLAN 75」がカメラドール(新人監督賞)の次点にあたるスペシャルメンションを受けた。最高賞のパルムドールはスウェーデンのリューベン・オストルンド監督の「トライアングル・オブ・サッドネス」が受賞した。

 ソンさんは授賞式で「偉大な是枝監督に感謝します」。是枝監督は「ソン・ガンホさんはこの作品の肝だったし、役者たちもスタッフも一番うれしい賞だと思う」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文589文字)

あわせて読みたい

ニュース特集