祇園祭で最古 桃山時代のご神体衣装再現 「芦刈山」山鉾巡行で披露

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
復元・新調した「綾地締切蝶牡丹文片身替小袖」を披露する、芦刈山保存会の坂部直登理事長=京都市中京区で2022年5月30日午後3時12分、南陽子撮影
復元・新調した「綾地締切蝶牡丹文片身替小袖」を披露する、芦刈山保存会の坂部直登理事長=京都市中京区で2022年5月30日午後3時12分、南陽子撮影

 祇園祭の芦刈山保存会(京都市下京区)は、全ての山鉾(やまほこ)のご神体人形の装いで最古とされ、国の重要文化財に指定されている桃山時代の小袖を復元・新調し、30日に報道公開した。宵山の7月14~16日には会所で展示し、17日の山鉾巡行ではご神体にまとわせる。

 「綾地締切蝶牡丹文片身替小袖(あやじしめきりちょうぼたんもんかたみがわりこそで)」。傷みがひどく、近年は展…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集