ウクライナ侵攻 専門家が見る制裁効果 痛むロシア経済、戦争継続に足かせ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
欧米諸国から相次いで制裁を科されているが、プーチン露大統領はウクライナでの軍事作戦を続けている=モスクワで2022年5月9日、スプートニク通信・ロイター
欧米諸国から相次いで制裁を科されているが、プーチン露大統領はウクライナでの軍事作戦を続けている=モスクワで2022年5月9日、スプートニク通信・ロイター

 ウクライナに侵攻を続けるロシアに対し制裁を科す欧米諸国などは「ロシア離れ」を進めている。フィンランドの研究機関BOFITのイイカ・コルホネン調査部長は、毎日新聞のウェブ取材に応じ、ロシア経済は強固ではないと指摘する。制裁を更に厳しくすれば、戦争を継続できなくなるのだろうか。

 ――ロシアの通貨ルーブルは一時下落したものの、持ち直しています。

 ◆そのほとんどはロシア中銀や財務省による通貨管理政策による効果だ。ルーブルは事実上、他の通貨と交換ができない状況になっている。

この記事は有料記事です。

残り2040文字(全文2275文字)

あわせて読みたい

ニュース特集