特集

第77期本因坊戦

本因坊文裕=井山裕太九段=に一力遼棋聖が挑戦する第77期本因坊決定戦七番勝負に関する特集ページです。

特集一覧

囲碁

第77期本因坊戦 いざ両者意気込み 高山・藤井荘で開幕式 村長「囲碁ファン増に期待」 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
地元産のワインを贈られ、内山信行村長(中央)とともに記念撮影する本因坊文裕(左)と一力遼棋聖=長野県高山村の藤井荘で2022年5月31日、鈴木英世撮影
地元産のワインを贈られ、内山信行村長(中央)とともに記念撮影する本因坊文裕(左)と一力遼棋聖=長野県高山村の藤井荘で2022年5月31日、鈴木英世撮影

 <大和証券>

 本因坊文裕(33)=井山裕太九段=に一力遼棋聖(24)が挑戦する第77期本因坊決定戦七番勝負の第3局(毎日新聞社・日本棋院・関西棋院主催、大和証券グループ協賛、長野県高山村地元共催、藤井荘協力)が1~2日、高山村で行われる。5月31日は対局場となる山田温泉の旅館「藤井荘」で開幕式が行われ、本因坊文裕と一力棋聖が意気込みを語った。

 開幕式では、高山村の内山信行村長が「本因坊戦を契機に囲碁ファンが増えることを期待している」とあいさつ。本因坊文裕は「ベストを尽くし、皆様に何かを感じてもらえるよう、内容のある対局にしたい」と語り、一力棋聖は「風光明媚(めいび)な対局場と感じた。2日間、ベストを尽くしたい」と意気込んだ。両対局者には記念品として、高山村特産のワインが贈られた。

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文442文字)

【第77期本因坊戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集