特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

入院したコロナ患者の3割 診断から1年後も倦怠感など後遺症

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供
国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 新型コロナウイルスの入院患者の3割以上が、診断から1年後も倦怠(けんたい)感や呼吸困難などの何らかの症状を訴えているとする後遺症の調査結果を、厚生労働省研究班(代表者・福永興壱慶応大教授)がまとめた。厚労省に新型コロナ対策を助言する専門家組織の会合で1日、示された。

 2020年1月~21年2月に全国27の医療施設に入院した18歳以上の患者1066人へのアンケート結果を解析した。

 1年後の症状(複数回答)は倦怠感が最多で13%。次いで呼吸困難(9%)▽筋力低下(8%)▽集中力低下(8%)▽睡眠障害(7%)▽記憶障害(7%)――の順で多かった。症状の多くは時間とともに減少していた。

 41~64歳の中年層に症状を訴える人が多かった。高齢層はせき、たん、関節痛、筋肉痛などが多いのに対し、若年層は感覚過敏、味覚障害、嗅覚障害、脱毛などの報告が多く、世代によって異なる特徴…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文569文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集