「体育大会で熱中症に」大阪女学院で30人が搬送 1人重症

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2日午後3時15分ごろ、大阪市中央区玉造2の大阪女学院中学・高校で、教員から「体育大会中に生徒が熱中症になった」と119番があった。大阪市消防局などによると、生徒29人と保護者1人の計30人が熱中症の症状を訴え、救急搬送されて手当てを受けている。うち中学3年の生徒1人が入院したが、会話はできる状態という。

 大阪女学院によると、中高で生徒約1300人が在籍。この日は午前8時半から、中高合同での体育大会が屋外のグラウンドで開かれていた。大会の終盤でダンスや手拍子をする応援合戦の最中に、体調不良を訴える生徒が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集