特集

第5回全国高校eスポーツ選手権

スポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

「リアルと同じ」 大久保嘉人さんがeスポーツチームの取締役に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
eスポーツの可能性について語る大久保嘉人さん=神奈川県横須賀市で2022年5月9日午後1時18分、杉本修作撮影 拡大
eスポーツの可能性について語る大久保嘉人さん=神奈川県横須賀市で2022年5月9日午後1時18分、杉本修作撮影

 元サッカー日本代表のFW大久保嘉人さん(39)がeスポーツチームとタッグを組んだ。eスポーツの普及に取り組むほか、ワールドカップ(W杯)といった大舞台で戦った経験などを踏まえ、「eスポーツの選手たちにそれを伝えていきたい」と言う。大久保さんはセカンドキャリアになぜ、eスポーツを選んだのか。【杉本修作】

 日本代表FWとして、2010年南アフリカ大会、14年ブラジル大会と2度のW杯出場を果たし、3年連続でJリーグの得点王に輝くなど輝かしい実績を残して21年11月に現役引退を表明。引退前からセカンドキャリアを模索する中、出会ったのがeスポーツだった。自身のマネジメント会社が同年3月に発足させたeスポーツチーム「BC SWELL(スウェル)」の運営会社(東京都港区)の取締役CINO(チーフ・イノベーション・オフィサー)に就任した。

 「eスポーツを知り、試合への向き合い方、考え方がサッカーと同じだと思いました。『ゲーム』だと、スポーツと思わない人もいるかもしれませんが、リアルスポーツと一緒なんですよね。そういうことをもっと世の中の人に伝えていきたい」

 CINOの大久保さんの主な役割はメディアの取材対応、イベントへの参加を通じて、チームの存在はもちろん、eスポーツがリアルスポーツと変わらない点を多くの人に知ってもらうことだ。さらに、チームが大久保さんに期待するのが、若いeスポーツ選手たちに自身の豊かなサッカーでの経験を伝えてもらうこと。

「BC SWELL」の選手たちに自身の経験を伝える大久保嘉人さん(右端)=神奈川県横須賀市で2022年5月9日午後1時17分、杉本修作撮影 拡大
「BC SWELL」の選手たちに自身の経験を伝える大久保嘉人さん(右端)=神奈川県横須賀市で2022年5月9日午後1時17分、杉本修作撮影

 携帯シューティングゲーム「PUBG MOBILE」の選手、CliticalTomato(クリティカルトマト、24歳)は「このゲームは、調子がいい時、悪い時の精神面のコントロールが大切です。大久保さんから助言を受け、『こうしたらいいんだ』という発見が多い。4人でチームを組んで戦うゲームでもあり、コミュニケーションが成績に影響するので、チームワークについてのアドバイスも参考になります」と語る。

 実際、選手たちは大久保さんに「サッカーW杯に臨んだ時、どんな心境だったのか」など繰り返し質問、大久保さんは「特別なことを教えているわけではない。今までの経験を伝えているだけ」と話す。

 発足したばかりのチームは、NTTドコモが主催する国内プロリーグ「PMJL」で昨年は16チーム中4位と躍進し、さらにワイルドカードを突破して、世界大会「PUBG Mobile Global Championship 2021」に出場した。結果は、最下位に終わったが、初めての国際舞台は貴重な経験となった。

 チームリーダーのZussy(ズッシー、24歳)は「海外のチームは、敵を倒す能力が圧倒的に強かった。相手のチームのひとりを倒した瞬間、残り全員を倒しに行くイメージができている。スピードが速く、守備が追いつけない。結局、『自分たちの方が強い』というメンタル面が違う」と振り返り、大久保さんはこう言った。「サッカーでも同じ。海外の選手は、全員強気ですよ。日本人選手はそれに戸惑い、なかなか上に行けない。だから強気っていうのは大事。こちらが強気でいけば、逆に相手に怖がられる」

 チームは、今年上半期のPMJLで2位の結果を残した。目指すは世界の舞台で勝ち、昨年の悔しさを晴らすことだ。大久保さんは「常に上を目指してほしい。世界を取って周りが憧れるようなチームになってほしい」と期待を込めた。

 eスポーツの世界はこの2年間、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観客を入れたオフライン大会の開催が大きく減少。今年に入り少しずつ増えてはいるものの、まだまだ少ない。「プレーを生で見ることで、応援したいという気持ちが強くなると思う。会場で見るサッカーとテレビ観戦では全然違うのと同じ。観客を入れた大会が広がってくればいい」と大久保さん。

 日本のeスポーツ界の現状についても、サッカーで一流となった男らしい視点を披露。「Jリーグだって最初は地域から始まって徐々に積み重なって大きくなった。eスポーツ界も、どんどん大きくなって、やがてメジャースポーツになっていくと思う。日本サッカーもJリーグができて30年。eスポーツ界は、Jリーグより進化のスピードが速く、大きくなる可能性を秘めている」と分析した。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集