特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ、露の港湾封鎖で滞留穀物 黒海からの輸出を英などと検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナのトウモロコシを積んだ貨物船=ルーマニア東部コンスタンツァの港で2022年4月28日、ロイター
ウクライナのトウモロコシを積んだ貨物船=ルーマニア東部コンスタンツァの港で2022年4月28日、ロイター

 ロシアの黒海封鎖によりウクライナの穀物輸出が滞留している問題で、ゼレンスキー大統領は6日、第三国の軍艦の護衛によって黒海から輸出できないか英国やトルコと協議していると明らかにした。現在2200万~2500万トンが滞留している状態で、秋までに約3倍の最大7500万トンに上る恐れがあると説明した。

 穀物輸出の滞留はウクライナの財政悪化に加え、アフリカなどを中心に深刻な食料不足を招いており、調整が本格化する。滞留の原因がウクライナ側にあると主張するロシアもトルコと協議する意向を示しており、穀物輸出を巡る駆け引きが展開されそうだ。

 ゼレンスキー氏は「複数の国から対艦システム供与を受ける準備を進めている」と紹介し、「脅威を与えるためではなく、ロシアの挑発に迅速に対応する能力を示すものだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文718文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集