特集

ロッテ

プロ野球・千葉ロッテマリーンズの特集サイトです。

特集一覧

論点

佐々木投手と人材育成

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手(20)が史上最年少で、完全試合を達成した。若者の素質や才能を見抜いて大切に育てる指導は、成果主義が強まる風潮の中、スポーツの枠を越えて社会的な関心を呼んだ。目先の勝利にとらわれず、将来を見据えた育成は広がっていくのか。佐々木投手の快挙に見る、今後の人材育成とは。

体の成長途上、じっくり計画 吉井理人 元プロ野球・ロッテ投手コーチ

 佐々木朗希投手のロッテ入団から2年間、投手コーチとして付き添った。私が初めて彼を見た時の印象は「こいつが完投するイメージが湧かへん」だった。190センチの長身に対して体つきは細く、見た目の「ひ弱さ」の割には、すでに160キロを超える球を投げていたように出力が高いので、「3球ぐらい投げたらぶっ壊れるのでは」と思うくらい恐怖感があった。

 朗希はまだ身長も骨も腱(けん)も、全てが成長していた。体つきが変われば感覚も日々変わるし、あまりきついことはさせられない。「じっくりいかないといけないかな」と思った。

この記事は有料記事です。

残り3994文字(全文4428文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集