高騰続く木材価格 平均単価、前年比1.2倍 埼玉・秩父森林組合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
出荷された丸太が椪山ごとに並ぶ=埼玉県秩父市で2022年5月17日午後1時27分、山田研撮影
出荷された丸太が椪山ごとに並ぶ=埼玉県秩父市で2022年5月17日午後1時27分、山田研撮影

 秩父広域森林組合(本所・埼玉県秩父市日野田町)で4、5月に取引された木材1立方メートル当たりの平均単価は1年前の同時期より1・2倍に高騰したことが、同組合への取材で判明した。2021年度の平均は木材価格の世界的な高騰「ウッドショック」で05年度以降の最高値だったが、さらに上昇した。ウクライナ侵攻でロシア産木材が輸入困難になったことなどが県内最大の森林地域にも影響したといえる。【山田研】

この記事は有料記事です。

残り992文字(全文1187文字)

あわせて読みたい

ニュース特集