フィッシング詐欺被害急増 巧妙化…見破れぬ手口 宅配予定日、誘導メール/偽サイト「公式」そっくり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィッシング報告数とカード不正利用被害の推移
フィッシング報告数とカード不正利用被害の推移

 不安をあおる内容のメールで偽サイトに誘導し、個人情報をだまし取る「フィッシング詐欺」の被害が止まらない。偽メールは銀行や携帯電話会社など100社以上になりすまして送信されており、全国でクレジットカードを不正利用された被害額は330億円超と過去最多を更新した。これだけ警戒をしても、なぜ、だまされてしまうのか。その手口を追うと、カラクリの一端が見えてきた。

 「送金が完了しました」。福岡県に住む20代の圭子さん(仮名)は2022年3月、口座を持つインターネット銀行から、同じ件名のメールが複数届いていることに気付いた。不審に思い、銀行の公式アプリをクリックし、表示された送金履歴を見て驚いた。数回に分けて計約20万円が見知らぬ口座に送金されていた。

この記事は有料記事です。

残り1788文字(全文2112文字)

あわせて読みたい

ニュース特集