石原慎太郎さんお別れの会 岸田首相が弔辞 安倍元首相ら参列

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2月に89歳で死去した元東京都知事で作家の石原慎太郎さんのお別れの会が9日、東京都内のホテルで開かれた。安倍晋三元首相、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆らが発起人を務め、岸田文雄首相や細田博之衆院議長、森喜朗元首相、プロ野球・ソフトバンクの王貞治球団会長ら政財界や文壇など各界の関係者が参列した。

 首相は弔辞で「歯に衣(きぬ)着せぬ物言い、信念を貫くための果断な行動で、強烈な個性に強く引かれた」と述懐。安倍氏は憲法改正に触れ「慎太郎先生から『何をもたもたしているのか』との声が聞こえてきそうだ。先生なきこの世で、私の責任を果たさなければならない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文599文字)

あわせて読みたい

ニュース特集