特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

体育や登下校時「脱マスク徹底を」 熱中症予防で文科省が通知

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ 拡大
写真はイメージ=ゲッティ

 各地の学校で子どもが熱中症で救急搬送される事案が相次いでいることを受け、文部科学省は10日、都道府県教育委員会などに対し、体育の授業や部活動の運動中、登下校時はマスクを外すように指導を徹底することを求める事務連絡を出した。文科省は5月にも夏場の登下校時はマスクを外すことを指導するよう促し、体育の授業では屋内外を問わずマスク着用の必要はないとする事務連絡を出していたが、搬送事案が続発したため、改めて徹底を促す事務連絡を出すことにした。

 末松信介文科相は10日の閣議後記者会見で「学校生活でのマスク着用について熱中症対策を優先させてほしいと繰り返し伝えてきたが、救急搬送される事案が複数発生し、非常に憂慮している」と指摘した。その上で「今後は気温が高くなり、マスクによって熱中症リスクは高まる。学校関係者にはメリハリのあるマスクの取り扱いをお願いしたい」と述べた。

 事務連絡では、熱中症が命に関わる問題と認識し、その危険性を適切に指導するよう要請。保護者らの理解や協力を得ることも求めた。また、体育の授業や部活動の運動中、夏場の登下校時は熱中症対策を優先してマスクを外すよう指導し、外す際は近距離での会話を控えるなど工夫することを促している。【国本愛】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集