若者世代ほど強かった孤独感 政府調査で見えてきた意外な背景

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
孤独を感じる学生生活について語る男子大学生=東京都千代田区内で2022年4月6日午後3時20分、村田拓也撮影
孤独を感じる学生生活について語る男子大学生=東京都千代田区内で2022年4月6日午後3時20分、村田拓也撮影

 いつの間にか周囲から孤立したり、孤独に陥ったりした人は社会にどの程度いて、どんな実像なのか――。そんな視点で政府が初めて実施した調査の結果が4月に公表された。浮かび上がったのは、20~30代が抱える孤独を取り巻く複雑な状況だ。中高年よりもSNS(ネット交流サービス)の利用頻度も高く、周囲との接点で多様なツールを持つ若年世代に何が起きているのか。

 「本を読んでも、目で文字を追うばかりで内容が頭に全く入ってこなかった」。東京都内の私立大4年の男性(23)が体調の悪化に苦しむようになったのは、昨年10月のことだ。

オンライン授業1人で受け続け、うつ…

この記事は有料記事です。

残り1732文字(全文1987文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集